【*重要* 精米表示内容変更のお知らせ】

精米表示内容変更のお知らせ (「食品表示法」が改訂されました)
これまでお米の精米日は、「年月日」で表示していましたが、2020年3月27日より、10日の幅を持たせた「年月旬(上/中/下旬)」表示もできるようになりました。
具体的には、上旬が1日~10日、中旬が11日~20日、下旬が21日~月末までに精米した商品の表示になります。
弊社では順次精米表示を変更し、2022年4月1日より完全に精米時期へ表示を切り替えます。
なお、弊社では出荷前日か当日に精米を行い、今までと変わることなく新鮮なお米をお届け致します。


【令和3年産ササニシキ、在庫僅か・在庫切れのお知らせ】

この度令和3年産ササニシキについて、皆様の沢山のご注文を頂き、一部商品は完売となりました。
販売中のササニシキについては、残り在庫が無くなり次第販売終了となります。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程をよろしくお願い致します。
なお、令和4年産の入荷は10月上旬頃を予定しております。
新米入荷後、ホームページを更新し発売開始致します。


精米工場のご案内

よりおいしく、よりやさしく、より健康に
愛情をこめて育てた、お米を最新鋭のプラントで精米いたします。
精米設備は、最新鋭の精米プラントを導入し、金属、ガラス等の異物除去はもちろん、低温精米方式により穀温上昇による食味劣化がありません。玄米の保管に関しても自社米穀用低温倉庫による温・湿度管理を徹底し、新米の風味を一年を通してお届けいたします。


工場内プラント・全景

食味分析器
全てのお客様に「安心・安全・美味しい」お米を召し上がっていただくために、最新鋭の食味分析器を使用しお米の食味値を計測しております。
赤外線により、「水分」「タンパク質」「アミロース」計測し総合点40~100点で美味しさを評価します。通常70点が「良品」基準値ですが、当店では75点を基準に「最良」な、お米のみを厳選しております。

殻粒判別器
当社では、目視の判別と共に、殻粒判別器を用いたひと粒単位の分析も行っています。機械レベルで判別するため、より精度の高い検査と分析を行うことができます。
「整粒歩合」「胴割粒」「未熟粒」「被害粒」「死米」「着色粒」「砕粒」などを分析し、結果を画像と文字情報で表示します。食味はもちろんのこと、外観品質も優れたお米にこだわっています。

低温倉庫・空調設備
お客様に一年中新米の風味を味わっていただけるように、お米の保管に細心の注意を図っております。温度15℃以下、湿度70~80%に設定した低温倉庫で玄米保存し、お米の鮮度を保ち、お客様のご注文いただいた配送日時に合わせ、その都度精米します。

品質検査の様子

一等米の証明印

ページトップへ